岩手県ユニセフ協会

岩手県ユニセフ協会の活動

UNICEF:「命を守る手洗いが、できない。」(2021年6月7日)

UNICEF:「命を守る手洗いが、できない。」

日本ユニセフ協会

命を守る手洗いが、できない。

ユニセフ募金のお申込

ユニセフご支援者の皆様

日頃よりユニセフの活動にあたたかいご支援をいただきありがとうございます。

新型コロナウイルス感染症が猛威を振るい続ける中、石けんを使った手洗いは、様々な病気から身を守るために最も有効で簡単な対策です。しかし、世界では、自宅で石けんを使った手洗いをできない人が30億人(世界人口の約4割)もいます。そして、貧しく不衛生な環境のなか、今日も多くの子どもたちが、下痢や肺炎など防げる病気で命を落としています。

下痢 2分に1人、幼い命を奪う下痢性疾患 感染症 不衛生な環境で広がる肺炎をはじめとする様々な病気 貧困の連鎖 女子の通学の防げになる、学校における手洗い設備・トイレの不足

命を守る手洗いを、すべての子どもたちに!

ユニセフは、100ヵ国以上の学校や医療施設、コミュニティに給水・衛生設備を整備する一方、正しい手洗いの方法を広める保健員など地域人材の育成にも力を注ぎ、命を守る手洗い習慣を子どもたちの間に着実に根づかせています。

さらに、新たな感染症が国境を越えて猛威を振るう現在、 ユニセフはすべての活動国で手指衛生の普及を再強化しています。

ORS(経口補水塩)で下痢を治療 石けんによる手洗いで感染症を防ぐ 学校衛生で子どもの未来をひらく

ご寄付で実現するユニセフの活動例

3,000円のご支援が、

下痢による脱水症から子どもを救うORS(経口補水塩)436袋に変わります。

5,000円のご支援が、

浄水剤や石けんなどが入った衛生キット1家族(1ヵ月)分に変わります。

10,000円のご支援が、

身体の免疫力を高めて病気を予防するビタミンA 2,500人(1年間)分に変わります。

世界の子どもたちの命が等しく守られるようにユニセフ募金にご協力ください。
今回の募金・寄付(1回) ユニセフ・マンスリーサポート・プログラム 毎月の募金・寄付(定額)

今なら、ユニセフ・マンスリーサポート・プログラムにウェブサイトからお申込いただいた方(ご希望者のみ)へ、ユニセフ・エコバッグをプレゼントしています。

この機会に、継続的なご支援もあわせてご検討ください。

※なくなり次第終了します。

特集サイトはこちら

公益財団法人 日本ユニセフ協会

〒108-8607 東京都港区高輪4−6−12 ユニセフハウス

https://www.unicef.or.jp

▲このページのトップへ