岩手県ユニセフ協会

岩手県ユニセフ協会の活動

UNICEF:生まれた時から、危機の中。(2020年11月10日)

UNICEF:生まれた時から、危機の中。

生まれた時から危機の中。

ユニセフ募金のお申込

ユニセフご支援者の皆様

日頃よりユニセフの活動にあたたかいご支援をいただきありがとうございます。

世界中が緊急事態を宣言する以前から、途上国では何億人もの子どもたちが、紛争や気候変動による災害、抜け出すことのできない貧困の中で、命の危険と隣り合わせの日常を生きていました。今も続く子どもたちの苦しみに、2020年、新型コロナウイルスという新たな脅威が加わり、幼い命がかつてなく脆弱になっています。

激動する世界。脅かされる幼い命と未来 紛争 気候変動 格差貧困

困難にさらされ続ける子どもたちに、生きる力を。

生まれた瞬間から過酷な状況におかれてきた子どもたちにとって、今回のパンデミックは 「危機の上に起きた危機」。もともと弱かった現地の医療・保護体制がさらに弱まり、命を守るユニセフの支援が切実に求められています。

ユニセフは、すべての子どもが困難な時期を生きのび、より平和で公平な未来に向かって成長していけるよう、最も支援の届きにくい子どもたちを最優先に、広範な支援活動を続けていきます。

2019年、ユニセフは災害・紛争などの緊急下で・・・

安全な水へのアクセスを提供 世界96ヵ国で3,900万人以上 栄養治療を実施 重度栄養不良の子ども 410万人を治療 緊急下での教育の継続 教育支援を受けた子ども 740万人
あなたのご支援でできること
たとえば、3,000円のご支援が深刻な栄養不良の子どもを回復させる栄養治療98袋に変わります。 たとえば、5,000円のご支援で水道が利用できない場所に簡易手洗い設備を2基設置できます。 たとえば、10,000円のご支援がけがや病気に対応するための救急医薬品キット3セットに変わります。
世界の子どもたちの命と健康を守るためにユニセフ募金にご協力ください。
今回の募金・寄付(1回) ユニセフ・マンスリーサポート・プログラム 毎月の募金・寄付(定額)

今なら、ユニセフ・マンスリーサポート・プログラムにウェブサイトからお申込みいただいた方(ご希望者のみ)へ、ユニセフ・コットンエコバッグをプレゼントしています。この機会に、継続的なご支援もあわせてご検討ください。※なくなり次第終了します。

特集サイトはこちら

公益財団法人 日本ユニセフ協会
〒108-8607 東京都港区高輪4−6−12 ユニセフハウス
https://www.unicef.or.jp/

【ご住所の変更は】
ご住所やメールアドレスなどをご変更された場合はこちらから当協会までお知らせください。

【メール配信停止について】
このメールは、皆さまから直接お知らせいただいたメールアドレス宛にお送りしております。今後、配信を希望されない場合は、お手数ですが下記より配信停止の手続きをお願いいたします。
配信停止の手続き >>

このメールは送信専用メールアドレスから配信されております。ご返信いただいてもお返事できませんので、ご了承ください。

写真クレジット: ©UNICEF/UN0146018/Schermbrucker, ©UNICEF/UN0330633/Anmar, ©UNICEF/UNI358088/Kiron, ©UNICEF/UN016292/Gilbertson VII Photo, ©UNICEF/UNI324049/, ©UNICEF/UN0272247/Campeanu, ©UNICEF/UNI308080/, ©UNICEF/UNI191980/Asselin, ©UNICEF/UNI332886/Dicko, ©UNICEF/UN0298277/, ©日本ユニセフ協会

個人情報の取り扱いWEBポリシー © 公益財団法人日本ユニセフ協会

▲このページのトップへ