岩手県ユニセフ協会

岩手県ユニセフ協会の活動

UNICEF:新型コロナウイルス緊急募金へのご協力をお願いします(2020年9月24日)

UNICEF:新型コロナウイルス緊急募金へのご協力をお願いします

日本ユニセフ協会

ユニセフご支援者の皆様

いつもユニセフへあたたかいご支援をいただきありがとうございます。

新型コロナウイルスの感染拡大は、私たちの生活を一変させました。そのなかで、最も過酷な状況にさらされているのが、パンデミックの発生以前から苦しい生活を強いられてきた途上国の子どもたちです。

この危機下でユニセフは、急速に拡大するパンデミックから子どもたちを守りながら、母子保健サービスや栄養治療など従来の支援活動も継続して行なう責務を担っています。 支援対象国は150ヵ国を超え、大規模な支援活動が、日々各地で続けられています。

新型コロナウイルスの影響は、子どもたちに深刻な健康被害や栄養不良をもたらし、今必要な支援が得られなければ、今後数ヵ月にわたって毎日数千人の子どもが命を落とす可能性があります。

ひとりでも多くの幼い命をこの危機から守り抜くために、どうかあなたのお力をお貸しください。

コロナ危機下の子どもたちを守るユニセフの救援活動例

命を守る物資を届ける 二次被害による死を防ぐ
エクアドルのケアセンターに届いた支援物資。ユニセフは、100ヵ国以上で防護具などの医療物資を配付するとともに、 医療従事者への研修も行なっています。 命にかかわる重度栄養不良の治療を受けるソマリアの赤ちゃん。コロナ禍で途上国の貧困が加速し、栄養不良に命を脅かされる子どもが急増しています。

詳しくはこちら>>

公益財団法人日本ユニセフ協会

〒108-8607 東京都港区高輪4-6-12 ユニセフハウス

https://www.unicef.or.jp

フリーダイヤル: 0120-88-1052(平日10時~16時)

※新型コロナウイルス対策のため、受付時間を短縮させていただいております。

【ご住所の変更は】

ご住所やメールアドレスなどを変更された場合はこちらから当協会までお知らせください。

【メール配信停止について】

このメールは、皆さまから直接お知らせいただいたメールアドレス宛にお送りしております。今後、配信を希望されない場合は、お手数ですが下記より配信停止の手続きをお願いいたします。

配信停止の手続き »

写真クレジット:(C) UNICEF/UNI325622/Frank Dejo, (C)UNICEF/UNI322293, (C)UNICEF/UNI313433/Mahmood 

個人情報の取り扱いWEBポリシー

© 公益財団法人 日本ユニセフ協会

▲このページのトップへ