岩手県ユニセフ協会

岩手県ユニセフ協会の活動

UNICEF:命をむしばむ危険な水(2020年6月12日)

UNICEF:命をむしばむ危険な水

命をむしばむ危険な水

ユニセフ募金のお申込

ユニセフご支援者の皆様

日頃よりユニセフの活動にあたたかいご支援をいただきありがとうございます。

新型コロナウイルスの影響で、手洗いの大切さが再認識されるなか、世界には、手洗いにも飲料にも適さない「汚れた水」しか使えない子どもたちが大勢います。

南スーダンで3人の子どもを育てているチャリティさんの村では、人々は虫やゴミが浮かぶ川から水をくみ、飲料水として使っています。少しでも安全に飲めるように、薪で火を起こし、煮沸した後、一晩置いてゴミを取り除きます。それでも、子どもたちは頻繁に下痢に苦しめられています。

南スーダンでは、生まれた子どもの10人に1人が5 歳まで生きることができません。その死因の多くは、汚れた水に起因する下痢性疾患です。

安全な飲み水が家にない 22億人 下痢で命を落とす子どもたち 年間44万人
きれいな水と衛生環境を子どもたちに!

ユニセフは、世界100ヵ国以上で井戸や水道、浄水施設、トイレなど、地域全体に恩恵が届く給水・衛生システムを構築しています。

また、地域住民の中から井戸の管理委員会や保健員を育て、大切な設備を長く使っていく方法や、命を守る衛生知識の普及に取り組んでいます。

給水所 経口補水塩 浄水剤 衛生知識
ご寄付でできる支援例
たとえば、3,000円のご支援が汚れた水を安全な飲み水にする浄水剤7,653錠に変わります。 たとえば、5,000円のご支援で正しい手洗い方法など命の守り方を広める保健員2人に技術研修を行えます。 たとえば、10,000円のご支援が下痢による脱水症から子どもを守るORS(経口補水塩)1,475錠に変わります。
世界の子どもたちの命と健康を守るためにユニセフ募金にご協力ください。
今回の募金・寄付(1回) ユニセフ・マンスリーサポート・プログラム 毎月の募金・寄付(定額)

今なら、ユニセフ・マンスリーサポート・プログラムにウェブサイトからお申込みいただいた方(ご希望者のみ)へ、ユニセフ・エコバッグをプレゼントしています。この機会に、継続的なご支援もあわせてご検討ください。。

特集サイトはこちら

公益財団法人 日本ユニセフ協会
〒108-8607 東京都港区高輪4−6−12 ユニセフハウス
https://www.unicef.or.jp/

【ご住所の変更は】
ご住所やメールアドレスなどをご変更された場合はこちらから当協会までお知らせください。

【メール配信停止について】
このメールは、皆さまから直接お知らせいただいたメールアドレス宛にお送りしております。今後、配信を希望されない場合は、お手数ですが下記より配信停止の手続きをお願いいたします。
配信停止の手続き >>

このメールは送信専用メールアドレスから配信されております。ご返信いただいてもお返事できませんので、ご了承ください。

写真クレジット: ©UNICEF/UNI187489/Noorani ©UNICEF/UN0159480/Sebastian Meyer ©UNICEF/UNI123327/Dicko ©UNICEF/UN065871/Alzekri ©UNICEF/UN0248290/Abdulaziz Al-Droubi ©UNICEF/UN012111/Vlad Sokhin ©UNICEF/UNI191885/Asselin ©UNICEF/UN0306465/Abdul , ©UNICEF/UN0221629/Adriko ©UNICEF/UNI182678/Noorani ©UNICEF/UN0275274/Asselin ©UNICEF/UN0318027/Dejongh ©日本ユニセフ協会

個人情報の取り扱いWEBポリシー © 公益財団法人日本ユニセフ協会

▲このページのトップへ