岩手県ユニセフ協会

岩手県ユニセフ協会の活動

UNICEF:新型コロナウイルス感染拡大、正しい手洗いを(2020年3月23日)

UNICEF:新型コロナウイルス感染拡大、正しい手洗いを

March 2020
発行:日本ユニセフ協会

ユニセフご支援者の皆様

いつもユニセフの活動にあたたかいご支援をお寄せいただき、誠にありがとうございます。

このたびの新型コロナウイルスに罹患された皆様と、感染拡大により生活に影響を受けられている皆様に、心よりお見舞いを申し上げます。

感染症の予防には、石けんを使った手洗いやアルコール消毒液が有効と言われています。

大切なのは、ウイルスや汚れをしっかり落とすこと。石けんやハンドソープを使って泡をつくり、「20秒以上」かけて、ゆっくり、ていねいに洗うことがポイントです。

\森山開次さんが踊る「世界手洗いダンス」もご覧ください!/

動画

ユニセフご支援者の皆様

窓から外をながめているのは、中国・武漢で暮らすヤンヤンちゃん(5歳・仮名)。一緒に暮らす両親と祖父母が、新型コロナウイルスに感染したため入院する一方、ヤンヤンちゃんは感染が確認されなかったことから、ただ一人、家に残されました。

病院の職員が身の回りの世話をし、ボランティアが一緒に時間を過ごすなど、ヤンヤンちゃんは周囲の大人たちに守られながら、両親と祖父母の帰りを待っています。

さらに詳しく

亡くなったお父さんのキーホルダー

子ども時代、大切にしていた宝物。多くの方も、心に残っているのではないでしょうか。

今年3月で10年目を迎えるシリア危機によって多くを失った子どもたちにも、厳しい今を支え、そして未来を夢見させてくれる、何にも代えがたい宝物があるのです。

さらに詳しく

イエメン:アルハジョマール専門官のストーリー

「私の強い想いを、誰も妨げることはできませんでした」――シリアで暮らしていたメイスーン・アルハジョマールさんは、スナイパーのいる紛争地帯を通り、ユニセフの面接が行われる街に向かいました。

彼女は今、紛争が激化してから今月で6年目を迎えるイエメンで、水と衛生の専門官として活動を続けています。

さらに詳しく

全国のユニセフイベント

学校がお休みになってしまった皆さんへ

「ユニセフ先生」のオンライン特別授業、開講中 !

すべてのイベントの一覧はこちら >

※イベントは予告なく変更・中止になる場合があります。
最新の情報は各地域組織のWEBサイトをご覧ください。

例年4月に開催しておりましたユニセフ・ラブウォーク中央大会は、新型コロナウイルス感染症に関わる状況をふまえ、ご来場されるみなさまのご健康や安全面を最優先に検討しました結果、今年の開催を見送ることとなりました。

世界の子どもたちを支援する方法

ユニセフ募金にご協力ください

あなたの支援が、子どもの未来と希望を守ります。

ユニセフ・マンスリーサポート・プログラム(毎月のご寄付)をお申込みの方に、ユニセフ・エコバッグ進呈中!

毎月の募金・寄付(定額)

今回の募金・寄付(1回)

ユニセフ支援ギフト

ユニセフ遺産寄付プログラム

facebook twitter youtube instagram

Friendonation

ご住所やEメールアドレスの変更は

ご住所やメールアドレスが変わられた場合は、こちらから変更のお手続きをお願い申し上げます。

ご住所を登録されていない方は、旧メールアドレスの配信停止をお申込みいただき、新しいEメールアドレスをこちらからご登録ください。

配信停止について

このメールは、皆さまから直接お知らせいただいたメールアドレス宛にお送りしております。
今後、配信を希望されない場合は、お手数ですがこちらから配信停止の手続きをお願いいたします。

公益財団法人 日本ユニセフ協会
〒108-8607 東京都港区高輪 4−6−12 ユニセフハウス
https://www.unicef.or.jp
フリーダイヤル:0120-88-1052(平日9時~18時)

このメールは送信専用メールアドレスから配信されております。ご返信いただいてもお返事できませんので、ご了承ください。

写真クレジット : © 日本ユニセフ協会/2009/satomi matsui, © 日本ユニセフ協会, © UNICEF/UNI304655/Cui, © UNICEF/UN0264925/Herwig, © UNICEF/Yemen/2019/Alhajomar, © UNICEF/UN0310058/Adriko

個人情報の取り扱いWEBポリシー

© 公益財団法人 日本ユニセフ協会

▲このページのトップへ