岩手県ユニセフ協会

岩手県ユニセフ協会の活動

UNICEF:いま、この瞬間にも。救える命がたくさんあります(2019/06/7)

UNICEF:いま、この瞬間にも。救える命がたくさんあります

ユニセフご支援者の皆様

日頃よりユニセフの活動にあたたかいご支援をいただき感謝申し上げます。

肺炎・下痢・マラリアなど、日本であれば助かる可能性が高い病気によって、世界では今も多くの子どもの命が失われています。

犠牲になる子どもの大半は、医師や病院が存在しない地域で暮らしているか、貧しさのため医療ケアを受けられない状況にあります。

今この瞬間も病気と闘う多くの子どもたちが、命を守る支援を必要としています。

防げる病気。救える命。

1.肺炎、2.下痢、3.マラリア

子どもの命を奪う3つの病気にはすべて、効果の実証された治療法と予防法があります。しかし、医療施設から遠く離れた子どもたちに届ける手段が不足しています。

ユニセフは、住民によって地域の中から選ばれた保健員に命の守り方を研修し、地元で活動してもらうことで、子どもを守る地域のしくみを各地で築いています。

このような取り組みを世界中に広げ、もっと多くの子どもの命を守るため、ユニセフの活動に、お力をお貸しください。

ご寄付でできる支援例

3,000円のご支援が子どもの命を最も多く奪う病気、肺炎の治療薬61人分に。 5,000円のご支援が病気やけがの治療に使う救急医薬品キット1セットに。 10,000円のご支援が下痢による脱水症から幼い命を守るORS (経口補水塩)	1,427袋に。
子どもたちの命と成長を守るためにユニセフ募金にご協力ください。
今回の募金・寄付(1回) 毎月の募金・寄付(定額)

6月末までにユニセフ・マンスリーサポート・プログラムにウェブサイトからお申込みいただいた方(ご希望者のみ)へ、ユニセフ・ウォーターボトルをプレゼントしています。この機会に、継続的なご支援もあわせてご検討ください。

また、特集サイトでは、ユニセフ・シエラレオネ事務所で保健マネージャーとして活躍する日本人スタッフレポートをご紹介しています。是非アクセスいただき、ユニセフの活動について関心をお寄せいただければ幸いです。

特集サイトはこちら


公益財団法人 日本ユニセフ協会
〒108-8607 東京都港区高輪4-6-12 ユニセフハウス
フリーダイヤル: 0120-88-1052(平日9時~18時)
https://www.unicef.or.jp/

【ご住所の変更は】
ご住所やメールアドレスなどをご変更された場合はこちらから当協会までお知らせください。

【メール配信停止について】
このメールは、皆さまから直接お知らせいただいたメールアドレス宛にお送りしております。今後、配信を希望されない場合は、お手数ですが下記より配信停止の手続きをお願いいたします。
配信停止の手続き >>

なお、このメールは送信専用メールアドレスから配信されております。ご返信いただいてもお返事できませんので、ご了承くださいませ。

写真クレジット: ©UNICEF/UN0238119/Tremeau, ©UNICEF/UN0135351/SEELAM, ©UNICEF/UN0125147/Ohanesian,
©UNICEF/UN0298277/Nabrdalik ©UNICEF/UN0125153/Ohanesian, ©UNICEF/UN0125117/Ohanesian

▲このページのトップへ