岩手県ユニセフ協会

岩手県ユニセフ協会の活動

UNICEF:たった1日も、生きることができない子どもの命、年間90万人(2018/11/09)

UNICEFメルマガ:たった1日も、生きることができない子どもの命、年間90万人

ユニセフご支援者の皆様

日頃よりユニセフの活動にあたたかいご支援をいただき感謝申し上げます。

世界ではいま1日7,000人、年間250万人の新生児の命が失われています。うち90万人が、産後24時間以内に命を落としています。そしてその8割以上は、整った医療環境さえあれば防げる死なのです。

特に貧困に苦しむ国々の新生児死亡率は高く、世界で最も高いパキスタン(22.6人に1人)は、最も低い日本(1,111人に1人)と比べて50倍近くにものぼります。

どこに生まれてもかけがえのない命。すべての新生児を守るユニセフの取り組みにご支援を

ユニセフは、世界中の赤ちゃんが、等しくすこやかな人生のスタートを切ることができるよう、すべての母子が必要な保健サービスにアクセスできる環境づくりに力を入れています。

こうした取り組みは、診療所の設置やワクチンの提供といった目に見える支援だけでなく、地域の保健員や助産師を育成したり、日本の地域医療制度のようなしくみを現地の保健省に提言するなど、地道ながらもきわめて効果の高い、多くの活動の上に成り立っています。

最初の1日、1週間、そして1ヵ月…。生きるチャンスが広がっていきます。

産前ケア:新生児死亡の最大要因である早産のリスクは、産前検診と栄養剤で減らせます。 出産介助:清潔な水や器材を使った安全な分娩で、破傷風や敗血症を防ぎます。 母乳育児:生後1時間以内の授乳開始で、新生児期の生存率が4割以上も向上します。 予防接種:出生登録を行い、必要な予防接種が確実に受けられるようにします。

あなたのご支援でできること

3,000円のご支援が赤ちゃんが初めて受ける予防接種、経口ポリオワクチン198回分に変わります。 5,000円のご支援が赤ちゃんの呼吸を助ける手動式の人工呼吸用ポンプ6個に変わります。 10,000円のご支援が妊娠期から授乳期にかけて必要な栄養素を15人の母親に届けることができます。

子どもたちの命と成長を守るためにユニセフ募金にご協力ください。

今なら、ユニセフ・マンスリーサポート・プログラムにウェブサイトからお申込みいただいた方(ご希望者のみ)へ、ユニセフ・ウォーターボトルをプレゼントしています。この機会に、継続的なご支援もあわせてご検討ください。(2019年1月7日までのお申込みが対象です)

また、特集サイトでは、ユニセフ・バングラデシュ事務所で活躍する日本人スタッフレポートをご紹介しています。是非アクセスいただき、ユニセフの活動について関心をお寄せいただければ幸いです。

特集サイトはこちら

公益財団法人 日本ユニセフ協会

〒108-8607 東京都港区高輪4-6-12 ユニセフハウス

フリーダイヤル: 0120-88-1052(平日9時~18時)

https://www.unicef.or.jp/

【ご住所の変更は】

ご住所やメールアドレスなどをご変更された場合はこちらから当協会までお知らせください。

【メール配信停止について】

このメールは、皆さまから直接お知らせいただいたメールアドレス宛にお送りしております。今後、配信を希望されない場合は、お手数ですが下記より配信停止の手続きをお願いいたします。

配信停止の手続き >>

なお、このメールは送信専用メールアドレスから配信されております。ご返信いただいてもお返事できませんので、ご了承くださいませ。

 Copyright ©日本ユニセフ協会

▲このページのトップへ